韓国版 カレンダー 2021 作心三日暦 ワン あやうく一生懸命生きるところだった 三日坊主日めくりカレンダー 新品本物 絵:ハ 競売

韓国版 カレンダー『2021 作心三日暦(三日坊主日めくりカレンダー)』絵:ハ・ワン (あやうく一生懸命生きるところだった)

本、雑誌、コミック , 関連グッズ , その他趣味,(あやうく一生懸命生きるところだった),/laryngemphraxis1836461.html,840円,作心三日暦(三日坊主日めくりカレンダー)』絵:ハ・ワン,カレンダー『2021,韓国版,mantendou.biz 840円 韓国版 カレンダー『2021 作心三日暦(三日坊主日めくりカレンダー)』絵:ハ・ワン (あやうく一生懸命生きるところだった) 本、雑誌、コミック 関連グッズ その他趣味 韓国版 カレンダー 2021 作心三日暦 ワン あやうく一生懸命生きるところだった 三日坊主日めくりカレンダー 絵:ハ 競売 本、雑誌、コミック , 関連グッズ , その他趣味,(あやうく一生懸命生きるところだった),/laryngemphraxis1836461.html,840円,作心三日暦(三日坊主日めくりカレンダー)』絵:ハ・ワン,カレンダー『2021,韓国版,mantendou.biz 韓国版 カレンダー 2021 作心三日暦 ワン あやうく一生懸命生きるところだった 三日坊主日めくりカレンダー 絵:ハ 競売 840円 韓国版 カレンダー『2021 作心三日暦(三日坊主日めくりカレンダー)』絵:ハ・ワン (あやうく一生懸命生きるところだった) 本、雑誌、コミック 関連グッズ その他趣味

840円

韓国版 カレンダー『2021 作心三日暦(三日坊主日めくりカレンダー)』絵:ハ・ワン (あやうく一生懸命生きるところだった)

※韓国語で書かれています。
※韓国版なので、祝祭日は韓国語のものになります

.。・★内容★+°*.。

日めくりカレンダー

「あやうく一生懸命生きるところだった」30万部記念!

ハワン作家が書き下ろした本格なまけもの日暦です。

1.破り捨てるのが惜しい!前ページに魅力あふれるイラスト!

2.猫として生まれ変わったプロ三日ボウザーのゆったり365日!

一生懸命でなく、おもしろく、三日だけ!

わたしもプロ三日ボウザーになりたい!

3.三日坊主を100回でだいたい1年、人生が楽しくなる、作心三日暦!


★韓国の購入者さんのレビュー★

・悩みに悩んで買いましたが、思っていたよりかわいいです〜^^


*.。・:*・.+°*.。・:*・.+°*

■著:ハ・ワン

■出版社:ウンジン知識ハウス

■出版日:2020/12/07

■サイズ:469ページ 98*157mm213g














韓国版 カレンダー『2021 作心三日暦(三日坊主日めくりカレンダー)』絵:ハ・ワン (あやうく一生懸命生きるところだった)

とてもかわいいカレンダーです。ネコちゃんの一年を知りたくなりました笑。来年、めくることを楽しみにしています。オフィスに置くのはぴったりです。年カレンダのポスターもついています。#13;

メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月03日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

もっと見る

注目情報

昨秋にまとめた経済対策の「目玉」の一つとして、岸田政権が進める国民向けの10万円給付は、その是非や手法に多くの疑問がつきつけられ、政権の対応も迷走した。財政学者で現金給付の仕組みに詳しい佐藤主光(もとひろ)・一橋大教授は「政治の不作為のツケ…

オピニオン

有識者や記者の視点・論点

■対談 美学者 伊藤亜紗さん×作家・探検家 角幡唯介さん コロナ禍は、私たちが否応(いやおう)なく、コントロールできない相手と「共に在る」事実を突きつけた。ウイルスだけではない。人間を脅かす自然はもちろん、家族、自分の体さえ、ときに理解を超…

うちで家族と過ごす時間が増えたコロナ禍。家事や子どもの相手、感染対策……。暮らしを維持するためにやることは格段に多くなりました。家族と家に閉じこもりきりの日々に息が詰まる気持ちになることも。一方で、家族がいてくれること、その大切さを改めて実…

■対談 モデル イシヅカユウ×コラムニスト ジェーン・スー 「マイノリティー」という言葉がメディアなどで頻繁に使われるようになりました。個人がその「当事者」とされ、さまざまな困難を訴えることは、社会を変える力なのか、それとも――。トランスジ…

1年前、世界は民主主義の凋落(ちょうらく)を象徴する光景を目の当たりにした。米国の連邦議事堂を大勢の暴徒が襲い、流血の場と化した衝撃の事件である。 混乱の後に就任した大統領は米国の結束を訴え、民主主義を守ると国の内外に誓った。しかし残念なが…

罪悪感もなく朝から飲めるのが正月の酒で、それは「まず目を酔わせる」と、作家の永井龍男が随筆に書いている。とりわけ天気のいい日に「笛と太鼓のはやしを先触れに獅子舞いが飛び込んで来たりすると、実にまぶしい思いをする」▼お獅子の真っ赤な顔には、飲…

記事が読み放題の
スタンダードコース1,980円も
2カ月間無料で使える初トク!
キャンペーン中
詳しくはこちら
記事が読み放題の
スタンダードコース1,980円も
2カ月間無料で使える初トク!
キャンペーン中
詳しくはこちら
朝日新聞デジタルが
2カ月間無料で使える!
初トクキャンペーンは
1/24締め切り!
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
毎日更新中!
ながら聞きでニュースを深く
/朝日新聞ポッドキャスト
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
毎日更新中!
ながら聞きでニュースを深く
/朝日新聞ポッドキャスト
詳しくはこちら